読書 PR

読書量を増やす方法、本は月に何冊読むの?文化庁の世論調査から解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本を読もうと思うんだけどめんどくさいし時間もない…

情報や知識を読書から得て生活に生かしたいけどなかなか読書できない人は多いのではないでしょうか?

そんなときに、周りの人はどのくらい本を読んでいるか?ということも気になります。

この記事では、世間では月にどのくらい本を読んでいるのか、文化庁の調査より解説をしています。

読書量を増やす方法や時間がなくても読書する方法も紹介していますので
ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

うめし~

僕ももともとは読書が苦手だったのですが、スキマ時間をうまくつかい

今では月に5~10冊ほどの本を読むことができ、たくさんの知識をインプットできるようになりました。

僕がたくさんの本を読めるようになった方法も紹介していきますね!

文化庁の世論調査

読書の月平均の冊数は文化庁が5年ごとに世論調査を行っています。
3500人ほどの世論調査となっていて、信用のできるデータとなっているでしょう。

1ヶ月で読む冊数の調査内容は以下となっています。

0冊47.3%
1~2冊37.6%
3~4冊8.6%
5~6冊3.2%
7冊以上3.2%
国語に関する世論調査 | 文化庁 (bunka.go.jp)

このデータから2人に1人が月に1冊以上本を読んでいる、ということがわかります。

この記事を読んでいるあなたは本を月に何冊か読むと思いますので
平均以上は読書をしている、といえるでしょう。

半数以上は読書量を増やしたい

文化庁の世論調査では読書量をこの先増やしたいと思う人の割合も調べており、60%の人は読書量を増やしたい、と答えていることから読書に前向きな人も多いことが伺えます。

国語に関する世論調査 | 文化庁 (bunka.go.jp)

読書量を増やせない理由

読書をたくさんする時に問題となるのが以下の2つです。

  • 読書に時間がかかる
  • 本の購入費がかかる

読書に時間がかかる

本1冊を読むにはかなりの時間を要します。

数百ページもあり、かなりの集中力が必要になることが理由で
読み始めれば、わからない言葉や用語もあり、結局途中でやめてしまった
ということも多いのでは…

1冊読むのに数時間掛かることは読書のハードルを上げているといえます。

本の購入費がかかる

本は読めば読むほど購入費がかさみます。

本は1冊1500円~2000円、高いものですと3000円ほどするものも珍しくはありません。

実際に月に5冊読書した場合でも、年間では10万円以上にもなります。

読書量を増やす方法

お金や時間を掛けずに読書量を増やす方法は3つあります。

  • 図書館を利用
  • 中古本を購入
  • 読み放題サービスを利用

図書館を利用

図書館を利用することはもっともお金を掛けずに読書をできる方法です。

町の図書館は館内で本を読むことから借りるまでもが無料で利用できます。

デメリットとして

  • 新しい本がない
  • 読みたい本がない、見つからない
  • 自分の本ではない

などがあげられますが、無料で利用できることはたくさん本を読むことに繋がります。

中古本を購入

中古本を狙うことで、本の購入費を抑えることができます。

中古本であれば、自分のものになり、いつでも取り出すことができ何度も読み直すことも可能です。

新しい本を中古で探すことは難しかったり、高かったりしますが割安で買えることはメリットとなります。

ブックオフなどでは300円程度で売っている本もあり、何冊も一気に買う場合はオススメです。

うめし~

僕もブックオフで数か月に1回まとめて本を買いに行く時があります。

10冊ほど買っても3000円くらいで買えるのは嬉しいですね。

読み終えたら、メルカリなどで売ってしまうのも良いですね。

読み放題サービス

月額の支払いが発生しますが、何冊でも同じ料金で読むことができ、本の購入費を抑えることができます。

電子での読み放題のため、スマホでいつでも読むことができます。

紙の本でないため、最初は読みにくいかもしれませんが慣れてしまえば意外と読める上に、本自体を持ち歩かないことも利点になります。

うめし~

僕がおすすめするのはkindleUnlimitedです。

本の冊数もかなり多く、最新の本まで無料で読めることもあり

これだけは解約できないサービスとなってますね(笑)

kindleUnlimitedの料金は?30日間無料で利用できる方法から解約まで解説 kindle Unlimitedってなに? kindle Unlimitedの料金はいくら? kindle Unlim...

スキマ時間を上手くつかう

読書はほんの少し空いたスキマ時間を使うことが、積み重なってたくさんの読書に繋がります。

スキマ時間をトータルして考えると1日あたり数時間になることも多く、うまくスキマ時間を使うことで週に1冊の本を読むこともできるようになります。

スキマ時間には聴く読書を

スキマ時間にオススメのサービスが聴く読書、Audibleです。

本の持ち歩きも必要なく、音楽のように聴くだけなので、読書のハードルがとてもさがります。

本を読みたいけど時間がない、という場合にはぴったりのサービスです。

詳細を解説していますので
ぜひ以下の記事もあわせて読んでみてください。

AmazonのAudibleは30日の無料体験ができる!月額料金を半額にする方法も紹介 Audibleの無料体験について詳しく知りたい 無料体験は有料会員となにが違うの? Audibleってどんな時に使えば...

大事なことは読んだ数じゃない

読書で大切なことは、本を読んだ数ではありません。

読書は知識や想像力、そして行動をすることに意味や目的があると僕は考えています。

そもそもの目的を見失わないように、たくさん学び、読書を楽しんでいきましょう。

kindleUnlimitedの料金は?30日間無料で利用できる方法から解約まで解説 kindle Unlimitedってなに? kindle Unlimitedの料金はいくら? kindle Unlim...
AmazonのAudibleは30日の無料体験ができる!月額料金を半額にする方法も紹介 Audibleの無料体験について詳しく知りたい 無料体験は有料会員となにが違うの? Audibleってどんな時に使えば...