読書 PR

読書が苦手な理由と克服するための5つの方法、苦手でも読める3冊を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

読書を習慣化してたくさんの知識を得たい!とは思うものの

本を読むには時間や集中力が必要ですよね。

人間の集中力は20分程度が限界と言われており

正直、苦手を克服し、読書を習慣化させることは簡単ではありません。

この記事では30年間まったく読書をしなかった僕が、なぜ読書が苦手なのか?そして読書を好きになり習慣化できたコツや方法を解説しています。

まったく読書できなかった時に読んだ本で読みやすかった本や習慣化するために使った読書法も紹介していますので
ぜひ最後まで読んでいってくださいね

苦手なのは落ち着きがないからではない

読書が苦手で集中できないのは自分に落ち着きがないから?と思うかたもいるかもしれません

ですが、人間の集中できる時間は20分程度が限界と言われており
ほとんどの人は長時間の集中は不可能です。

落ち着きがないから読書が苦手、というのは完全な思い込みで両者に因果関係はありません。

うめし~

僕自身、本当に落ち着きがありません。
学生の頃は授業は全く集中して聴くことはできなく、成績も下から1,2を争うほどでした。
それでも、今では本を月に5~10冊は読めるようになっています。

なぜ読書が苦手なのか

読書に対して苦手、と考えてしまう理由を5つ解説していきます。

読書自体が楽しくない

読書が苦手な人の一因は、単純に楽しくないと思うことにあります。

現代ではSNSや動画、ゲームなどが発達していることが理由として挙げられ

本ってつまらないし、他にもっと楽しいことがあるから読まない、という人も多数います。

文字を読むだけの読書が楽しくないと感じることは頷けるのではないでしょうか。

本の内容が難しい

読書が苦手な理由に本の内容が難しいということがあります。

難しい漢字や意味の分からない言葉や言い回しが出てくることで
一気に本への理解が下がってしまいます。

本の内容が難しいものを読んでしまうと苦手、と感じてしまうことが多いです。

急を要していない

読書は悩みを解決してくれるツールとして使われるため、この悩みが急を要していないことが挙げられます。

現代は読書以外にも楽しめることや学びのツールがあり
その他にやること、が本を読む時間を少なくしていることがひとつの原因となっています。

他に優先事項がある場合、読書は後回しとなり、習慣化されずに苦手、と思ってしまいます。

集中できない

集中できないから読書は苦手と感じます。

ですが人間の集中できる時間は20分程度が限界、と言われており
集中できる人の方が少ないです。

さらに、集中するまでには時間が掛かることから苦手意識を生んでいる、と言えます。

全てを読まないといけない

本を読むなら最初から最後まですべてを読まないといけない、と思ってしまうことから苦手意識が生まれます。

学校や世間での常識は、読み切る事、やり切る事からこの意識が生まれてしまっているように感じます。

本を読む理由は人それぞれで、目的を達成することが大切です。

苦手を克服する3つのコツ

苦手を克服するためには読書をする、という姿勢をとるということが大事です。

ここでは苦手を克服するコツを3つ紹介します。

1行で良いから読んでみる

まず1歩目を踏み出してみることが重要です。

ランニングやトレーニングのようなもので1行読んだら
せっかく本を読み始めたし、もうちょっと読んでみよう
となり、気付いたら結構読んでいた、なんてこともあります。

少ない量を目標とすることで、読書へのハードルを下げることができます。

すぐに本を開ける環境を作る

すぐに本を手に取れるようにすることはコツの1つと言えます。

いつでもすぐに本を開ける環境、頻繁に本が目に入る環境を作ることで
本自体に触れる機会が増えます。

手軽に本を開ける環境は苦手を克服することに繋がります。

かならず、本を開く時間を決める

毎日決まった時間に本を開く習慣をつけることは苦手克服に大きく貢献してくれます。

最初は難しいかもしれませんが、本をすぐに開ける環境をつくることと1行で良いから読んでみることの3つを組み合わせれば効果は抜群に発揮します。

おなじ時間に必ず本を開く、ということができれば習慣化はすぐそこです。

苦手を克服する5つの方法

実際に苦手を克服するためには以下の5つの方法を試してみると良いでしょう。

  • 興味や悩みを書き出す
  • 読書をする日を前もって決める
  • 読書をする場所を変えてみる
  • 電子書籍の活用
  • 聴く読書という手段

それぞれ解説していきます。

興味や悩みを書き出す

苦手を克服する第一歩は、自身の興味や悩みを書き出すことです。

これにより、具体的にあなたが何を知りたいのか、どんな本が好きなのか
などの課題を把握し、そこから読みたい本を選ぶことができます。

手書きでもスマホでもいいので書き出してみることは頭の整理にも繋がり
視覚的にも把握できるので読みたい本を見つける手助けとなります。

読書をする日を前もって決める

読みたい本がある場合は読書をする日を前もって決め、スケジュールに組み込んでしまいましょう。

スケジュールを組むときは、具体的に決めることが重要で
何日の何時から何時まで、どの場所で読む

というところまで決めてしまえば、あとはその予定を実行するだけです。

何度か繰り返しているうちに、苦手、という感覚はなくなっているでしょう。

読書する場所を変えてみる

本を読む場所を変えてみるということはとても効果的で有効です。

具体的には、公園、カフェ、ファミレス、図書館など実際に自分で回ってみて読書してみるのが良いでしょう。

自分の集中できる場所さえ見つけてしまえば、もうそこに通いながら読書をするだけですね。

うめし~

僕の集中できる場所はスタバなのですが
聞こえるか聞こえないかの音楽、ちょうどよいくらいの雑音、手元にはコーヒーでリラックス
と本当におすすめです。
読書場所に迷ったら試してみてください。

電子書籍の活用

電子書籍を活用することで、いつでも手元に本を置いておくことができます。

スマホでの利用ができるため、すぐに開くことができ、読書のモチベーションをあげることができます。

たくさん本を読みたい場合にも、読み放題のサービスもあり
電子書籍はとてもおすすめです。

うめし~

スマホでも電子書籍は利用できますが、できれば端末を購入することがおすすめです。
ブルーライトも少なく、お風呂や寝る前に読書もできるためメリットが大きいです。

ちなみに僕が使っている電子書籍を紹介しておきますね。

kindleUnlimitedの料金は?30日間無料で利用できる方法から解約まで解説 kindle Unlimitedってなに? kindle Unlimitedの料金はいくら? kindle Unlim...

聴く読書という手段

苦手を克服せずに読書をする手段として、オーディオブックがあります。

聴く読書を取り入れることで、そもそもの本を読むことをせずに、本を聴くことができます。

通勤や移動中、家事やちょっとした時間の合間にも読書を楽しむことができるスタイルは本を読むことが苦手な人にとって、とても大きな手段となります。

うめし~

僕自身オーディオブックは利用していて、半分くらいの本はこのAudibleで読書をしています。
スキマ時間や移動中のちょっとした時間にインプットができるのはとてもありがたいですね。

AmazonのAudibleは30日の無料体験ができる!月額料金を半額にする方法も紹介 Audibleの無料体験について詳しく知りたい 無料体験は有料会員となにが違うの? Audibleってどんな時に使えば...

読書が苦手でも読めるおすすめ本3選

もともと僕も読書はとても苦手でした。

ですがその中でも読みやすく、すらすら読めた本が3冊ありました。

紹介していきますね。

夢をかなえるゾウ

物語形式で成功法則を学べる本になっています。

章ごとに1メッセージがあり、それを実践しながら読み進めることができます。

10年以上前の本ですが、今でも読みやすくオススメできる1冊です。

星の王子様

言わずも知れた名作ですがおもしろかったので紹介します。

小さな星の王子様が様々な人に出会い、最後には1つの答えに出会う
という作品です。

数十年間にわたる超名作ですが、とても面白く最後まで楽しく読むことができます。

余談ですが、ジブリの作者の宮崎駿監督も星の王子様が大好きで、天空の城ラピュタの歌の歌詞はここからヒントを得たとの逸話もあります。

チーズはどこへ消えた

2匹のネズミと2人の小人がチーズという報酬を求めて繰り広げる作品です。

これも、成功法則を謳う作品ですが
読み終えたあとは様々な構想が膨らんできます。

新しいアイデアを考えたい、挑戦したいという人におすすめの1冊です。

読書の前提は知識を得るため

読書では、そもそもの目的を忘れてはいけません。

それは、読書はわからないことを調べたり、自己を成長させるためのツールであることです。

著者が経験してきたことやその世界観を本を読むことで体感、体験することができます。

ただ文字を読むだけでは、読書はあまり意味がないと言えるでしょう。

読書したら即行動しよう

本を読んだら即行動、ということがとても大事です。

人間は1日経てば学んだことの半分は忘れてしまう、と言われており
読書家の中でも本を読んでも全く意味がなかった、という経験もあるでしょう。

本を読んだらそれを実際に体験してみる、使ってみる、ということはあなた自身の経験にもなり、とても大切なことです。

Q&A

読書が楽しくなる方法はありますか?

自分の興味や好みに合ったジャンルやテーマの本を選ぶことで、読書が楽しくなります。

現代では読書は読むだけでなく、Audibleで聴くという選択肢もあり

YouTubeなどのように楽しいものに昇華することも可能です。

大人が本を好きになる方法はありますか?

読書を通じて自己成長や興味を持ちたいテーマを見つけると、読書が楽しみになります

興味を引く本を選ぶことが大切です。

kindleUnlimitedの読み放題やAudibleの聴き放題を利用することで
選べる本の選択肢も増え、より一層読書を楽しむことができるでしょう。

本は何の役に立ちますか?

本を読むことで新しい知識や情報を得ることができます

読書は語彙力や文章力を向上させ、表現力を豊かにします

本を通じて複雑なアイディアや物語に触れ、思考力や想像力を鍛えることができます。

読書は自己成長の一環となり、新たな視点や考え方を提供します。